ガーナ入国 最新情報 (2022年6月1日)

ルワンダからガーナへフライトで入国しました。

今回はルワンダ(キガリ)→ケニア(ナイロビ)経由→ガーナ(アクラ)
Kenya Airways

ちなみにガーナはVISAが必要です。
僕はウガンダのガーナ領事館で事前にVISAを発行してもらってました。
オンラインで取得できないのがめんどくさいですが、どこかのガーナ大使館や領事館にいけば普通に発行はしてくれると思います。

普通の基準は人それぞれですが。笑

アクラ(コトカ)空港のアライバルVISAも(噂では)あるみたいですが、あまりおすすめは出来ないかと思われます(実際に行ってないので分かりませんが)

コロナワクチン接種2回の証明書(QRコード)があれば、事前のPCR Testは不要でしたが、安くてすぐ結果の出るRapid Testの陰性証明は必要でした。

ガーナVISA
コロナワクチン接種2回の証明書(QRコード)
事前のRapid Test (ワクチン接種無しやとPCR必要)
・ガーナ政府の健康宣言書(Health Declaration Form) オンライン
https://www.ghs-hdf.org/hdf/

・イエローカード(黄熱病ワクチン) (チェックはされてないので絶対かはわからん)

・ルワンダサイトのワクチン証明書(登録) ←これはやっていったけど必要なかった(心配な人は一応)

ちなみに経由地のナイロビは、書類等はなんのチェックもなく手荷物チェックだけして、すんなりと搭乗口まで行けました。

ほんとに飛行機乗り換えだけって感じ。

あと片道チケットだけやと色々突っ込まれてめんどくさいかもしれません。
僕はガーナ出国のチケットも事前に取っていたので、

ガーナでの入国審査はすんなりと入国出来ました。

お金ちょうだいと、入国管理のおじさんに言われましたが、
お金ないです。と言えば何の問題もないです。笑

てな感じで、入国後は空港出口を出た左側に両替所、ATM、SIMカードも買えるところがあるので何の問題もなく入国完了。

Uber使えるのでそのまま呼べます。(空港入場料金は上乗せでかかる)

てな感じで観光へGO

随時状況が変わって分かりにくい状況なので、実際にガーナ入国した情報を書いてみました。

自身アフリカ6か国目のガーナ。

旅の投稿は支援者限定のインスタアカウントで行っています

⇓⇓

https://instagram.com/kushida_worldtraveler?r=nametag

ではまた。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。